シーケンス図 as a Code。
WebSequenceDiagrams が便利です。

仕事でシーケンスを書く際、Excel、PowerPoint、Visioで書くことが多いですが、図の微調整や履歴管理が不便で難しい。
そんな時に、あつらえむきなサービスがありました♪

Web Sequence Diagramsとは?

ブラウザでシーケンス図が書けるサービス。
何と言っても、テキストで書いていくと綺麗に図がレンダリングされるのが良い。

書き方

Web Sequence Diagramsでは、テキストで図を書きます。
画面左に凡例が有り、それをクリックすることでサンプルが入力されます。

title 1. Start feature dev

note right of Dev: git checkout -b feature/hoge
Dev->GitLab: git push origin feature/hoge
GitLab->Jenkins: webhook
Jenkins->Jenkins: Create new job using Jenkinsfile
Jenkins->Jenkins: Execute Job
Jenkins->Mattermost: Nofity
Mattermost->Dev: Push notification
Dev->GitLab: (option) Create MR in WebUI

すると、以下のような図が出力されます。
出力する図は、いくつかのパターンから選択することが可能です。

有料版も

無料版でも十分な機能がありますが、PREMIUMになれば、Revision Historyも使えるようになって更に便利。
PREMIUMの詳細は、いかに有ります。
https://www.websequencediagrams.com/examples.html#parallel

まとめ

サクッと綺麗なシーケンス図が書けるWebSequenceDiagrams。
便利!!